債権投資

債権のメリット・デメリット【おばあちゃんでもわかる】

こんにちは、【家計・子育て・旅行・移住】ブロガーのくま(kumakumablog)です。
今回は、家計シリーズの【投資】のお話です。ちなみにこのブログは、”世界一ビビりお父さんのブログ“を趣旨に、日々、汗水垂らして、数日かけて、全力で書き上げています!

ここだけの話、パイロットとして10年間働いていました。さらにいうと、ファイナルシャルプランナー、TOEIC800点、投資歴15年、まだまだ、資格・得意技はあるのですが・・・この辺にしておきます(笑)

世間では、投資投資と騒がれていて、債権投資しようしたけど、なんじゃそれ?株と何が違うの?って、悩んでいませんか?大丈夫です!僕も最初は、そうでした!

実は、債権投資は、投資商品の中で、一番リスクの低い投資なんです。そして、初心者の方でも安心!

なぜなら、国・会社などが、破綻しない限り、絶対に投資した金額がかえってくる投資商品だからです。

この記事では、債権のメリット・デメリットについて、ちょう簡単に説明します!おばあちゃんでもわかります!

記事を読み終えたら、投資の世界が広がり、あなたの資産が増え、ちょっと豪華なランチや、家族での海外旅行が楽勝です!

債権の4つのリスク

まず、債権の基礎に不安が、あるあなたは、こちらの記事をご覧ください。では、はじめに、債権のデメリットから、ご紹介します!デメリットの方が少ないので、ちょっとだけ我慢して、聞いてください。

債権投資とは?【おばあちゃんでもわかる】概要と種類【永久保存版】こんにちは、【家計・子育て・旅行・移住】ブロガーのくま(kumakumablog)です。 今回は、家計シリーズの【投資】のお話です。ち...

全部で、4個あります!

信用リスク (債権発行元の不安)

国や企業などの、債権の発行元が、倒産や財政難になった場合、決まった利子や償還を受けられなくなります。

価格変動リスク (債権保有中の価格変化の不安)

基本、途中解約せず、償還日をなれば、元本は100%かえってきます。でも、何かの事情でお金が必要など、途中解約の場合は、元本が保証されません。

流動性リスク (債権償還時、ちゃんと売れるか不安)

購入した債権が償還日を迎えても、償還日に売れないリスクです。購入した債権の発行量が多いか少ないか、人気が高いか低いか、などによって、流動性は変化します。

為替変動リスク (債権売却時、円高・円安の不安)

外貨建て債券など、外貨で利息や償還金が支払われる場合、円での受け取り金額が変化します。外貨建てで、円受け取りの場合、円安なら受け取り金額(円)が増え、円高なら受け取り学(円)が減ります。

債権のメリット

デメリットだけだと、不安ばかりですよね?安心してください!なぜなら、デメリットよりも、メリットが多いからです。では、次に債権のメリットについて、ご説明します!1分でサクッと、読み終えます。この部分だけ読んでも、この記事に来たかいがあります。保証します!

銀行預金より、金利が高い

近年、定期預金の金利は、高くても年利0.05%。債権だと、高いもので、年利2%を超えるものがあります。安全だし、めちゃめちゃお得じゃいですか?!でも、一つだけ気をつけてほしいことがあります。それは、預金も債権も商品によって違うということです。商品によって、金利の違いがあるので、気をつけてくださいね!

株式投資と比べて、手間がかからない

株式投資の場合、日々株価は変動して、売り買いの時期を見定めなければなりまん。僕自身、FXも株式投資もしてきたのですが、毎日チェックするのめちゃめちゃ疲れます。超気疲れするんです(涙)価格変動する度に、一喜一憂するのは、時間と体力の無駄です。しかし、債権の場合は、なんと!償還日まで、待つだけ!

償還日に額面金額で償還

債権は、償還日に、元本+利息がかえってきますが、株式投資にはそれが保証されてません。額面(満額)で、もどってくるのは、安心ですね。

満期が決まっていて、途中売却も可能

元本保証は、ありませんが、急にお金が必要になれば、途中売却が可能です。

利益計算がしやすい

償還日の売却値段、金利というのは、あらかじめ決まったいるので、利益が計算しやすいです。

定期的な利息収入

債権を購入して保有している間は、額面金額に対して、決まった金額を継続的に受けとることが、できます。決まった時期に、決まった利息を、決まった期間、受け取れるので、嬉しい!

債権の特徴 おまけ

  • 定期預金は金利が途中に変わるが、債権は金利の変動はない。
  • 経過利子と言って、途中売却しても、それまでの利子がもらえる。
  • 国債の場合、国が破綻しそうになったら、銀行が倒産する。銀行が国債の23%を保持。
  • 利付債とは、発行日と償還日の価格は、一緒で利子をもらう債権
  • 割引債とは、利子なしで、償還日に発行日の価格以上にもらえる債権
  • 会社が倒産した場合、株主よりも、先に債権者にお金が支払われる

まとめ

本記事は、債権投資のメリット・デメリットをまとめてみました。投資って、ほんとに奥深いですよね。難しくて、大変でも、1日1歩ずつ進んで行きましょう!応援しています!自分の資産を守るために。

では、まとめです。

債権のデメリット

  1. 信用リスク
  2. 価格変動リスク
  3. 流動リスク
  4. 為替リスク

債権のメリット

  1. 銀行預金より金利が高い
  2. 株式投資と比べて手間がかからない
  3. 償還日に額面金額で償還
  4. 満期が決まっていて、途中売却も可能
  5. 利益計算がしやすい
  6. 定期的な利息収入

これからも、投資について、じゃんじゃん、役立つ情報をシェアしますので、よろしくお願いします!

コメント欄でも、ツイッターでも、どしどし、ご質問お待ちしております!また、インスタグラムツイッターも役立つ情報発信していますので、フォローお願いします。

おわり。

ABOUT ME
くま
くま
▫️2人の子供と最愛の妻 ▫️元パイロット ▫️操縦席から学んだ教育方法 ▫️お得なトラベル術 ▫️家族を守る節約法 ▫️ファイナルシャルプランナー ▫️TOEIC800

コメントを残す