株式投資

デフレーションとは?デフレ経済に強い投資【2割の人しか知らない】

こんにちは、【家計・子育て・旅行・移住】ブロガーのくま(kumakumablog)です。
今回は、家計シリーズの【投資】のお話です。ちなみにこのブログは、”世界一ビビりお父さんのブログ“を趣旨に、日々、汗水垂らして、数日かけて、全力で書き上げています!

ここだけの話、パイロットとして10年間働いていました。さらにいうと、ファイナルシャルプランナー、TOEIC800点、投資歴15年、まだまだ、資格・得意技はあるのですが・・・この辺にしておきます(笑)

あまり知られてない話なのですが、実は、全世界にデフレがやってきます。

なぜなら、新型コロナウイルスのお陰で、全世界は不況となり、あなたも実感がある通り、ものは売れない時代がやってくるからです。その証拠に日経新聞「コロナ 世界にデフレ圧力」の記事になっています。

この記事では、「デフレが起きたら、あなたの生活はどうなるのか?」「デフレに備えるおすすめ投資先」を全力でご紹介します。

本記事の知識を身につけたら、これから来る大不況の中でも、あなただけ勝ち組になれます。

株式投資は、絶対にしない方が良い!

なぜなら、簡単な方程式が成り立つかたです。おばあちゃんでもわかります。

デフレ →  ものが売れない →  収益価値悪化 → 企業価値悪化 →  株価下がる

デフレ=デフレーションとは?

さて、問題です。デフレの意味、子供に説明できますか?

ほとんどの人
ほとんどの人
デフレって、聞いたことはあるけど・・・

ちゃんと答えられなかった、そこのあなた!大丈夫です。ちゃんと、僕が、おばあちゃんにもわかるように、説明します。

まず、デフレとインフレが混同する人は、英語の意味を理解すると、一発で覚えられます。

デフレーションを英語で書くと、

Deflation ”

flationは、「膨らむ」という意味で、Deがつくと、否定的な意味になります。つまり、deflationは、「膨らまない」となります。deがつく他の言葉を考えると、とても覚えすいです。

例えば、

  • デカフェ
  • デメリット
  • デプレッション

“De”が付くものは、基本否定的な意味で使われます。デフレも否定的な意味と分かれば、インフレと混合しづらいですね。では、本題に行きます。

デフレとは、”買って買って!が、多い時代のこと

商品が売れないので、”買って買って!の人”の数が多くなり、価格競争になります。そして、物やサービスの価格は下がります。逆に言うと、お金の価値が、上がることをいいます。

例えば、1杯100円のコンビニコーヒーが、あったとします。コーヒー1杯が80円になれば、デフレです。

覚えるイメージは、オモチャ屋さんの前で、「買って!買って!」と泣き叫ぶ子供を、デフレとイメージすれば、簡単に覚えられます。

デフレ = 買って!買って!が多い 

→ デフレ物価安 →  お金の価値上昇

デフレになると、あなたの生活は具体的にどうなる?

「デフレデフレ」って、よく耳にするけど、、ぶっちゃけ実感あります?ニュースで流れる経済ニュースは、実際日本で起こっている現実なのに、どこか違う国で起こってるような気が・・・しかし、Mr,デフレは、着実にあなたの生活に、近づいています。

はっきり言います。知らないと、損します。

一度しか言いません。「無知は、あなたの人生を地獄に変えます」

デフレのデメリット

  • 給与が下がる
  • 採用されにくくなる
  • 株価は、下がる
  • リストラの可能性大
  • 貧富の格差が、広がる
  • 金利が、下がる(政策金利・預金金利などのすべての金利)

デフレのメリット

  • 物やサービスの価格が下がる

上記のように、デフレのメリット・デメリットを並べてみると、明らかにデメリットの方が、多いのがわかります。じゃあ、このデメリットの対策はないのか?

実は、あるんです!

あなたができるデフレ対策

僕が考える、あなたができる家庭の経済的対策は、3つあります。

  1. 投資
  2. スキルを身につけること
  3. 固定費削減すること

本記事では、デフレに強い投資方法について、ご説明します。

デフレに強い投資方法

今後、デフレの影響で、株価が下がり、金利が下がる状況で、何に投資すべきなのか。デフレ大不況の中でも、実は、デフレに強い投資方法があるんです。あなただけに、教えます。

答えは、現金預金と債権です。

現金預金

資産価値(物やサービスの値段)が下がる分、貨幣価値(お金の価値)が上がるので、現金を持っているだけで、リターンが期待できます。

現金預金に関してですが、貯蓄税というものができるかもしれません。その名の通り、銀行に預けている預貯金に対して、税金をかけるものです。投資をしないで、銀行預金ばかりする日本人の特性に、政府は目をつけています。

債権

債権の基礎知識は、こちらの記事(債権投資とは?【おばあちゃんでもわかる】概要と種類【永久保存版】)で、熱弁してますので、まずは債権を理解することをおすすめします。

簡単いうと、金利以上の価値のお金が、戻ってきます。ちょっと、難しいですよね(涙)大丈夫です、おばあちゃんでもわかるように、説明します!

では、例を使って、説明します!

例)1万円の債権を、年利1%で買った場合

1年後に償還(債権をお金に交換)した場合、101万が戻ってきます。ここまでは、普通のことです。

償還時(債権をお金に交換)に、デフレで物価が下がり、1年前は100万円だった軽自動車が、債権償還時99万円になった場合、債権金利1%でも、軽自動車と2万円が、手に入るということです。

つまり、100万円が、約102万円の価値になったということ。これは、年利約2%になります。

専門用語を使って、これを説明すると、

名目金利(債権の1%)ー 物価上昇率(軽が1%引き) = 実質金利

しかし、ここで問題なのが、債権の価格変動と金利変動です。せっかく実質金利が、上昇しても、債権自体の価格と債権金利が不利に働いては、意味がありません。

債権の価格変動 要因

債権の価格は、現在の市場環境を反映するものではなく、将来の変化予想(期待)によって、価格が決まります。

【債権の価格変動 4つ要因】

  1. 市場環境
  2. 格付け
  3. 金利
  4. 債券発行後の経過期間

①市場環境と②格付けは、そのままでわかりやすいのですが、③金利と④債券発行後の経過期間について、説明します。

金利

一般的に、金利が上昇すれば、債権価格は下降し、金利が下降すれば、債権価格は上昇します。これは、金利が高い債権は価格高くも売れるのに対し、金利が低い債権は、人気がなくなるので、価格が下がります。

債券発行後の経過期間

債権は、償還日には、購入額面で、償還されるので、償還日に近づくにつれて、購入額面に近いていきます。

まとめ

デフレ = 不況 です。おばあちゃんでも、わかります。しかも、新型コロナの影響で これから来る不況は、ただの不況では、ありません。“大・大・大不況”が、あなたの生活を直撃します。

あなたの生活・家族の生活を守るため、今のうちに準備しておかなければなりません。

新聞で、倒産・破産を見る、毎日。自分の会社は、大丈夫なのかと、不安になる気持ちめちゃめちゃわかります。だって、あの大手企業がリストラや、破綻、大赤字となってるんですもん。あなたの資産を守るのは、あなた自身しかいません。家族を守るのも、あなただけです。

以上、デフレにつよい投資方法のお話でした。

コメント欄でも、ツイッターでも、どしどし、ご質問お待ちしております!また、インスタグラムツイッターも役立つ情報発信していますので、フォローお願いします。

おわり。

ABOUT ME
くま
くま
▫️2人の子供と最愛の妻 ▫️元パイロット ▫️操縦席から学んだ教育方法 ▫️お得なトラベル術 ▫️家族を守る節約法 ▫️ファイナルシャルプランナー ▫️TOEIC800

コメントを残す