保険

保険とは?失敗しない9つ保険に対する考え方【おばあちゃんでもわかる】

こんにちは、くま(kumakumablog)です。

元パイロットのファイナンシャルプランナーです。妻と2人の子供と楽しい毎日を過ごしています。

実は、保険に入る前に、知らなくちゃいけないことがあります。知らないと、めちゃめちゃ損します!

なぜなら、保険は複雑すぎて、無駄にお金を払ったり、無駄に保険に加入してる人が、ほとんどなのです。

この記事では、あなたの家族を、金銭的不幸にしない為に、保険に対する必要不可欠な考え方(保険に入る前の準備)をご説明します。

記事を読み終えたら、保険に加入する前に、あなたにとって【本当に必要な保険商品 = 家族の幸せ】が見えます。

保険とは?失敗しない9つ保険に対する考え方

結婚や出産、家族が増えるにつれ、経済的責任は増えるもの。そこで、誰もが考えるが、保険ですよね。でも、保険って、複雑すぎて、難しくないですか?その気持ち、めちゃめちゃわかります!僕もそうでした(涙)でも、めちゃめちゃ勉強したので、安心してください!

難しくても、考えなきゃいけないのが保険。ぜひ一緒に考えていきましょう。まず、頭に入れて欲しいのが、「日本人は、保険に入り過ぎ!」ということ。アメリカでは、健康保険ですら、3割以上の人は加入していません。何かあった時を充実させて、何もない時の生活を苦しくしたら、本末転倒です。

僕がご紹介するのは、保険に対する“考え方”です。簡単に言うと、“保険に入る前の準備”をご説明します。

保険商品を詳細に説明するものではありません。

保険の全体図を理解すること

当たり前の話、保険の全体図を知らないと話になりません。保険といっても、分類・種類・各商品と腐る程あるので、まずは全体図を理解することが大切です。保険の種類・各商品は、減ったり増えたり、日々変化しています。

 保険 →  分類 →  種類 →  各商品

保険の全体図は、以下のようになります。

保険の用語を知ること

保険の全体図を理解すると同時に大切なのが、保険用語を理解することです。例えば、保険料と保険金の違いを具体的に説明できますか?おそらく、半分の人は説明できません。家や車買う時はめちゃめちゃ調べるのに、保険となるとどうして調べないのでしょうか?きっと、難しいからですよね。わかります、その気持ち。でもね、知らないと大損します(涙)

保険会社の信頼性を調べること

どんなにいい保険に加入したとしても、保険会社が倒産しては元も子もありません。厳密にいうと、たとえ加入している保険会社倒産しても、保険金はある程度補償されるのですが、できるだけ避けたいものです。

じゃあ、どうやって保険会社の信用度を調べるかというと、代表的なものが、『格付け』と『ソルベンシー・マージン比率』です。ネットで調べればすぐにでてくるので、チェックしてみてください。

ちなみに、過去に倒産している会社を見てみると、以下のようになります。

産生命 1997年 4月
東邦生命 1999年 6月
第百生命 2000年 5月
大正生命 2000年 8月
千代田生命 2000年10月
協栄生命 2000年10月
東京生命 2001年 3月
大和生命 2008年10月

意外と倒産しているんです(涙)

すでに加入している保険を知ること

これって、めちゃめちゃ重要です。

なぜなら、2つの保険に入っていても、補償内容が一緒なら、保険金を両方からもらえません。保険内容が重複しないように、すでに加入済みの保険を理解しましょう。

具体的には、

  1. すでに加入済みの民間保険を見直す
  2. 健康保険を見直す
  3. 国の公的保険を理解する
  4. 会社の就業規則を確認すること

僕の場合、会社の就業規則みたら、死んだら数千万の保険がもらえました。ある意味、上記を見直すだけで、ある程度カバーできていることがわかります。

あなたに必要な金額を計算すること

「もし、何かあった時に、いくら必要で、どの位の期間必要なのか?」を計算してください。例えば、死亡保険を考える時、もしも旦那さんが死亡した場合、残された家族の生活はいくらあれば足りるのか。がん保険を考える時なら、がんになったら、どこまでの治療を望み、入院した時は贅沢をしたいのか。など。あなたが必要な金額がわからないのに、保険に加入するなんて、愚の骨頂です。

保険に入るタイミングを測る

実は、保険料って、加入時期によって変わります。なぜなら、保険料っていうのは、様々な要素で構成されていて、この構成要素の金額が、日々変わるんです。詳しいことも書きたいのですが、話が難しくなってくるのでやめます(笑)

保険料の支払い方法を知ること

保険料の支払いには、いろいろ種類が選べます。

例えば、

  1. 現金払い or  クレジット払い
  2. 月々払い or  年払い or 回数指定払い

保険金の税金の仕組みを知ること

保険金の受け取り人を、だいたいの人は、妻、子供、両親にしている人が、多いと思います。でも、保険金を受け取る時に、税金がかかるの知ってますか?そして、その税金の種類が、受取人によって違うのです。税金の種類が違うってこは、税率が違い、受け取れる保険金の金額が違うんです。

リスク分散して、保険に入ること

株式投資に名言にもあるように「一つのカゴに卵をもるな!」が、保険にも当てはまります。例えば、1つの保険会社だけに加入したら、倒産した場合どうなりますか?お金を運用する時は、絶対にリスクはあるものです。

おまけ 海外での保険を視野に入れること

はっきり言って、海外で保険に入った方が、めちゃめちゃいいです。保険料が少なくて済んだり、補償内容が多かったりします。でも、加入するのが、難しいんですよね。ほとんどの保険会社が英語ですね(涙)

まとめ

最低でも、以上のことを踏まえて、保険に加入することをおすすめします。ぶっちゃけ、自分で調べるの大変です。でも、大事な家族を守る為には、とても重要なことです。

手っ取り早く知りたいのであれば、保険会社や保険相談所に行って、相談するのもありだと思います。でも、注意してください。保険会社や保険相談所は、営業してきます。お客さんの不安を過剰に煽ってきます。そして、その保険会社で扱っている商品しか加入できません。

あと、もう一つ注意して欲しいのが、友達・知り合いの保険会社では、加入しないことです。なぜなら、友達や知り合いは、あなたに何かあった時、助けてくれません。

最後に、保険っていうのは、「困った時の助け合い」です。なんか、その精神、かっこいいですよね。繰り返しになってしまいますが、あなたにとって、必要な保険に、必要なだけ、入りましょう!

おわり。

ABOUT ME
くま
くま
▫️2人の子供と最愛の妻 ▫️元パイロット ▫️操縦席から学んだ教育方法 ▫️お得なトラベル術 ▫️家族を守る節約法 ▫️ファイナルシャルプランナー ▫️TOEIC800

コメントを残す