出産

妊娠すると誰でも貰えるお金とお休み【実は67%の人が損してる】

こんにちは、【家計・子育て・旅行・移住】ブロガーのくま(kumakumablog)です。
今回は、夫婦・子供シリーズの【出産】のお話です。ちなみにこのブログは、”世界一ビビりお父さんのブログ“を趣旨に、日々、汗水垂らして、数日かけて、全力で書き上げています!

ここだけの話、パイロットとして10年間働いてました。妻の罵倒にさらされながらも、2児のパパやってます。いや、やらさせて頂いてます(笑)

まずは、妊娠おめでとうございます!

知らない人が多いのですが、妊娠するともらえる【お金とお休み】が、たっくさんあるんです!しかも、ママもパパも!もらえる人では、最高200万円と最長2年間のお休みもらえちゃいます(嬉)

なぜなら、厚生労働省が主体となって、ママ・パパを法律・公的制度で、ちゃんと守ってくれてるからです。でも、67%の人は、知らずに損してます。

本記事では、お子さんを授かったママ・パパに、おばあちゃんにもわかるように、妊娠したらもらえる【お金とお休み】について、僕たちの実体験を元に、ちょう簡単にご説明します!

この記事を読むだけで、お金の心配も、妊娠中の体の心配も、必ず軽減されます!余計な不安が消え、出産・育児に集中できること間違いなし!絶対に保証します!

申請しないともらえない出産・育児支援制度

手っ取り早く、もらいたい物もらいたいのに、法律だの、制度だの、たくさんありすぎて、面倒じゃないですか?僕たちも、出産準備・育児で忙しいのに、内容・申請方法を理解するのに苦労しました(涙)余裕がないと、夫婦喧嘩も増え、出産・育児に集中できません。出産・育児に集中できならければ、産前・産後の支援制度なんて、あっても意味がありません。

女性の口コミ
女性の口コミ
地方自治体の説明って、ほんとわかりづらいんだよね…

 

でも、安心してください!あなたの産前産後に対する不安を、全て消し去ります!僕たちの実体験を元に、全てを本記事でご説明します。

まずは、図を見てください。

産前・産後の支援制度は、たっくさんあるので、前半・後半に分けます。本記事では、前半の産前・出産の妊婦さん・旦那さんが、取得できる【お金とお休み】について、ご説明します。

結論から言うと、これだけもらえます!

貰える【お休みとお金】 ママ パパ
勤務時間中の健診時間の確保 ×
通勤緩和 ×
妊産婦等の危険有害業務の就業制限 ×
妊娠中又は出産後の症状等に対応する措置 ×
休憩に関する措置 ×
妊婦の軽易業務転換 ×
時間外労働、休日労働、深夜業の制限 ×
産前・産後休業の取得 ×
妊婦検診費用 ×
出産手当金 ×
出産一時金 ×
健康保険料・厚生年金保険料・国民健康保険料の免除 ×

出産・育児支援制度を、最大限活用するにあって、重要なポイントがあります。それは、5W1Hです。5W1Hを意識して、読めば、簡単にだれでもわかります。

  1. 何を取得できるか?
  2. だれが取得できるのか?
  3. いつ取得できるのか?
  4. なぜ取得できるのか?
  5. どこで取得できるのか?
  6. どうやって取得できるのか?

出産・育児支援制度は、常に5W1Hで考えると、わかりやすいです!

妊娠したら、産前にもらえる【お休み】パパ・ママ

まずは、妊娠したら、産前にもらえる【お休み】について、ご説明します。

【産前】とは、妊娠が判明してから、出産日までを言います。
【産後】とは、出産日翌日からを、言います。

妊娠したら、産前に、どんなお休みをもらえるの?

恥ずかしながら、僕たちも、調べるまで全く知りませんでした(涙)調べてみると、こんなにもあります!

  1. 勤務時間中の健診時間の確保
  2. 通勤緩和
  3. 妊産婦等の危険有害業務の就業制限
  4. 妊娠中又は出産後の症状等に対応する措置
  5. 休憩に関する措置
  6. 妊婦の軽易業務転換
  7. 時間外労働、休日労働、深夜業の制限
  8. 産前・産後休業の取得

まだ、ちょっと難しいですよね。実際の勤務に、当てはめて、考えていきます。おばあちゃんでも、わかりやすく説明します!

  1. 仕事中に、有給取らなくても、検診行って OK!
  2. 満員電車、嫌だから、遅刻・早退 OK!
  3. 高い所は危な位から,低い場所で働いて OK!
  4. 体が辛いから、業務内容変えて OK!
  5. 疲れたから、休憩時間多くして OK!
  6. 外で働くの嫌だから、室内で働いて OK!
  7. 残業、深夜勤務、休日出勤しなくて OK!
  8. 出産前後は、休んで OK!

実際の勤務に落とし込んみんると、イメージつきやすいですよね。こんな感じで、どんどん説明しますので、不安を取り除いちゃってください!

妊娠したら、産前に、誰がお休みをもらえるの?

答え

ママ(女性)のみ。残念ながら、出産日の翌日までは、パパ(男性)が取得できる出産・育児支援制度は、ありません(涙)ただし、法律にはないものの、就業規則で、出産に関わる特別休暇が、会社によっては、就業規則で3日程度休むことができます。

妊娠したら、産前に、いつお休みをもらえるの?

これは、取得できる期間が一つだけ違います。

①から⑦に関しては、妊娠発覚から出産日まで取得できます厳密に言えば、産後も取れるのですが、本記事では産前に関連することのみ記載していきます。⑧の産前休業に関してだけは、出産予定日の6週間前(双子の場合は、14週間前)となっています。

  1. 勤務時間中の健診時間の確保
  2. 通勤緩和
  3. 妊産婦等の危険有害業務の就業制限
  4. 妊娠中又は出産後の症状等に対応する措置
  5. 休憩に関する措置
  6. 妊婦の軽易業務転換
  7. 時間外労働、休日労働、深夜業の制限
  8. 産前・産後休業の取得 出産予定日の6週間前(双子の場合は、14週間前)

妊娠したら、産前に、なぜお休みをもらえるの?

あなたが、産前にお休みを取得できるのは、法律で決まっているからです。でも、ここで注意が必要です。法律だけでなく、就業規則も読むことを勧めします。なぜなら、会社の就業規則の方が、わかりやすく、細かく記載があるからです。

  1. 勤務時間中の健診時間の確保(男女雇用機会均等法第12条関係)
  2. 通勤緩和(男女雇用機会均等法第13条関係) ※医師等から指導を受けた場合
  3. 妊産婦等の危険有害業務の就業制限(労働基準法第64条の3関係)
  4. 妊娠中又は出産後の症状等に対応する措置(男女雇用機会均等法第13条関係) ※医師等から指導を受けた場合
  5. 休憩に関する措置(男女雇用機会均等法第13条関係) ※医師等からの指導を受けた場合
  6. 産前・産後休業の取得 (労働基準法第65条関係)
  7. 妊婦の軽易業務転換(労働基準法第65条関係)
  8. 時間外労働、休日労働、深夜業の制限 産 婦(労働基準法第66条関係)

妊娠したら、産前に、どこでどうやって、お休みをもらえるの?

すべて勤めている会社です。

妊娠したら、産前にもらえる【お金】パパ・ママ

次に、もらえる【お金】のお話です。生まれくる子供のためにも、もらえるものは、とことんもらっておきたいですよね?【お金】も【お休み】と同じで、申請しないと、もらえないので、注意。

妊娠したら、産前に、どんなお金をもらえるの?

育児には、お金がかかるものの、追加検査など受けなければ、出産にはお金がほとんどかかりません。妊娠したら、産前に、もらえるお金は以下の4つです。

  1. 妊婦検診費用
  2. 出産手当金
  3. 出産一時金
  4. 健康保険料・厚生年金保険料・国民健康保険料の免除

簡単にご説明すると、

妊婦検診費用(チケット) 検診14回分無料
出産手当金(現金) 給与30万/月の人は、1日約7,000円
出産一時金(現金) 通常42万円
健康・厚生年金・国民健康保険料の免除 給与30万/月の人は、月4万2千円免除

ここからは、具体的に、あなたがいくらもらえるのかを、ご説明します。

①妊婦検査費用

妊婦検査費用は、14回分の検診費用が、無料になる制度です。一般的に妊婦健診を受診する回数は、厚生労働省により14回程度と定められているためです。ちなみに、1回、約5,000円程度の費用がかかりますので、約7万円が、もらえたことになります。

②出産手当金

出産手当金は、産前休暇を取得した時にもらえる、お金です。会社を休んでも、若干少ないですが、給与の代わりに支給されます。

出産手当金の1日当たりの金額は、

「支給開始日の以前12カ月間の各標準報酬月 額を平均した額÷30日×(2/3)」です。

簡単に言うと、

「毎月の額面給与から、30%引かれたものが、毎月の手取り」

1日あたりの金額を知りたければ、30で割れば、1日当たりの出産手当金が簡単にわかります。また、出産手当金に税金はかからないので、手取りは減りません。

例えば、

毎月の額面給与が、30万の場合

30万 × 2/3 = 20万

20万 ÷ 30日 = 6,666円(1日あたり)

月に20万、1日に約7,000円もらえれば、働いている時の手取りとほとんど変わりません。

③出産一時金

出産一時金とは、実際に、産んだ子供の数に対して、支給されるお金です。通常、子ども1人につき42万円が、もらえます。

④健康保険料・厚生年金保険料 ・国民健康保険料の免除

健康保険料・厚生年金保険料 ・国民健康保険料とは、毎月、あなたの給与明細から、勝手に引かれている”あれ”です。

例えば、毎月の給与が、30万円の人の場合、健康保険料・厚生年金保険料 ・国民健康保険料は、4万3,000円になります。

これが、産前休暇の6週間分、支給になりなりますので、産前だけ考えると、5万円もらえると同じことになります。

妊娠したら、産前に、誰がお金をもらえるの?

これも、【お休み】同様、妊婦さんだけです。お父さん(男性)は、もらうことは、できません。

※国民健康保険加入者の場合は、出産手当金は、支給されません。フリーランスにとっては、デメリットになります。

妊娠したら、産前に、いつお金をもらえるの?

もらえる時期は、それぞれ違いますので、一つづつご説明します。

妊婦検診費用(チケット) 妊娠届出書を役所に提出した時
出産手当金(現金) 出産後の約4ヶ月後
出産一時金(現金) 申請後の約2ヶ月後
健康・厚生年金・国民健康保険料の免除 免除など、支払いはなし

※出産費用を、産婦人科で、クレジットカードで支払っておいて、ポイントをゲットする裏技もあります。カードで支払ったら、費用は100%戻ってきます。

妊娠したら、産前に、なぜお金をもらえるの?

ぶっちゃけ、もらえる根拠を知らなくて、もらえますので、この章は飛ばし読みでOKです(笑)

妊婦検診費用(チケット) 国と市町村
出産手当金(現金) 健康保険
出産一時金(現金) 健康保険
健康・厚生年金・国民健康保険料の免除 健康保険

妊娠したら、産前に、どこでどうやって、お金をもらえるの?

妊婦検診費用(チケット) 役所で、妊娠届出書を提出した時
出産手当金(現金) 勤務先に申請書を提出(妊娠4ヶ月以上の時)
出産一時金(現金) 勤務先に申請書を提出(産前休暇取得後)
健康・厚生年金・国民健康保険料の免除 企業が、産前産後休業取得者申出書を提出

まとめ

たくさん説明しましたが、もう一度まとめると、以下の図になります。

貰える【お休みとお金】 ママ パパ
勤務時間中の健診時間の確保 ×
通勤緩和 ×
妊産婦等の危険有害業務の就業制限 ×
妊娠中又は出産後の症状等に対応する措置 ×
休憩に関する措置 ×
妊婦の軽易業務転換 ×
時間外労働、休日労働、深夜業の制限 ×
産前・産後休業の取得 ×
妊婦検診費用 ×
出産手当金 ×
出産一時金 ×
健康保険料・厚生年金保険料・国民健康保険料の免除 ×

気をつけて欲しいのが、本記事では、基本的なことしか説明していません。未熟児や、帝王切開などの、イレギュラーの場合には、これらにプラスの出産・育児支援制度が、あります。なので、何か起きた時には、「出産・育児支援制度がないかな?」と、疑った方がいいです。もらえるものは、もらいましょう!ちゃんと、税金を払っているのですから!

コメント欄でも、ツイッターでも、どしどし、ご質問お待ちしております!また、インスタグラムツイッターも役立つ情報発信していますので、フォローお願いします。

おわり。

ABOUT ME
くま
くま
▫️2人の子供と最愛の妻 ▫️元パイロット ▫️操縦席から学んだ教育方法 ▫️お得なトラベル術 ▫️家族を守る節約法 ▫️ファイナルシャルプランナー ▫️TOEIC800

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です